<< VOL.346 笛の使い方の工夫 | main | VOL.348 お客様から頂いた暑中見舞いのおハガキ >>
2020.07.25 Saturday

VOL.347 全曲オリジナルコンテンツ

0

    なかなか梅雨があけませんね。梅雨明けが8月にまで遅くなるのは1954年以来4回目のことだそうです。
    待ちきれずに?!ミンミンゼミが、我が家の周辺でも鳴き始めました。
    さて、今回は、笛パラのコンサートの演奏曲(コンテンツ)について。

    みなさまご承知のとおり、2013年7月からスタートした私たちDUOの笛パラコンサートの演奏曲はすべて<オリジナルコンテンツ>でお届けしています。
    *そのうちのひとつは<野田晴彦作曲のオリジナル曲>。
    『アルビレオ』『無事』『一角獣』『底紅』『おうむのねむり』・・・お客さまに育ててもらってコンサートの定番レパートリーとして定着してきた曲たち。曲を作って、まあまあよくできたかな?と思っても、聴いて下さるお客さまに「『無事』は何度聴いても、そして聴けば聴くほど好きになります」と受け入れてもらって愛されて、やっとオリジナル曲は少しずつ定番レパートリーとして育っていきます。
    考えてみれば、自作曲を自分で奏でるのは、バッハ、モーツアルトの昔から、ビートルズ、中島みゆき・・・ずっと引き継がれできた音楽スタイル/ミューシャンシップのひとつですね。

    *そしてもうひとつは、多くの人に親しまれてきたポピュラーな名曲、そしてお客さまのリクエストに応えた曲、どちらも<笛パラ流のオリジナル編曲>で。編曲は、どんなリズムやハーモニーで演奏するか、どの笛で演奏するか(笛のキャスティング)をじっくり緻密に組み立てる作業です。
    サンポーニャで『ひまわり』、アイリッシュ・ウィスルで『蘇州夜曲』、バーウの『朧月夜』、リコーダーの『子象の行進』・・・。
    リクエストをいただいた曲からは、サンポーニャの『アランフェスのアダージオ』『主よ人の望みの喜びよ/バッハ』、ウィスルの『ふるさと』、ケーナで『つぐない/テレサ・テン』・・・・。

    すべてのコンテンツは自分たちで作るので一曲一曲が真剣勝負!お客さんに「つまらない」と飽きられたら終わり、と思ってコンテンツ創作には大きなエネルギーを注いでいます。

    コロナ禍でやむなくコンサート活動の休止をせざるを得ない状況がつづいています。巣篭もりで時間があるので、コンテンツ作りに集中した成果として、たくさんの新曲が生まれました!早くみなさんにお届けしたいです。笛パラDUOを忘れないで待っていて下さいね!!
     

    2020.07.26配信

    コメント
    コメントする








     
    Calendar
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    27282930   
    << September 2020 >>
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM